アイウィル 社員研修日程

 

 

経営者養成研修
▼動画で見る経営者養成研修

 

 

染谷和巳の経営管理講座

 

 

畠山裕介の出張講演 日本の神話に親しむ

畠山裕介の出張講演

 

 

お客様の声

 

 

アイウィルの社員教育の理念

 

会社は闘争する組織です。闘争する組織としての会社は、命令と報告というコミュニケーションによってひとつの意志をもった存在となります。

そして、その意志は社員個々の人間としての「能力」によって強化されます。

この「能力」とは、ひとつには「挨拶」「返事」などの礼儀やマナーに係ること、「大きくはっきりとした発声」「機敏な動作」「整理整頓」といった行動に係ること。

またひとつには、正しい日本語による「読み」「聞き」「書き」「話し」「計算する」という基礎的コミュニケーションに係る能力のことです。

 

こうした能力を経営者を含む社員一人ひとりが身につけることにより、会社は明るく、いきいきとした存在に生まれ変わるのです。

したがって、企業における社員教育とは、本来このような能力を企業の意志で身につけさせるものでなければならないのです。

 

アイウィルの社員研修は、このような理念に基づき、開発された社員教育システムです。

 

 

アイウィルの社員研修・新入社員研修とは

 

 

三段階式社員教育システム

 

<アイウィルの研修を受けると> 

アイウィルの社員研修、新入社員研修を受けると、

仕事のやり方も、私生活も、その日から変わります。

優れた習慣が身につきます。

ものの見方や考え方が変わり、人間の本質(価値観)が高まります。

 

<第一ステップ 2泊3日合宿研修>

合宿研修

 

社員研修第1ステップの2泊3日合宿研修では、基本訓練を通して、行動と意識の変革を行います。その上で、自身の弱点、欠点の抽出を行い、現状の問題点を把握します。

これに基づき、社員研修第2ステップ期間中の行動目標(「二十の誓い」)を作成し、その実行を決意します。

※ご希望により、第一ステップの2泊3日合宿研修だけの受講もできます。

 


<第二ステップ 3-6ヵ月間行動チェック&通信教育>

通信教育

 

社員研修第2ステップの3-6ヵ月間の通信社員教育では、会社の日常業務における行動目標(「二十の誓い」)の達成状況の測定&評価報告を反復します。これにより、自身の弱点、欠点を克服し、組織人としてあるべき正しい習慣、行動を身に付けていきます。同時に、読み書き計算、読書&感想文作成などの通信添削問題の反復学習(月1回提出)により、考える力を伸ばし、組織人としての高い意識を獲得していきます。

 


<第三ステップ 1泊2日完成研修>

完成研修

 

社員研修第3ステップの1泊2日完成研修では、これまでの研修成果の測定&評価結果を総括し、卒業後の行動目標の作成と、その実行の誓いを立てます。

これによりアイウィルでの研修は完成されますが、卒業後も行動目標の実現という形で社員教育が継続されることになります。

 


アイウィルの社員教育・新入社員教育は、合宿研修、長期通信教育、完成合宿研修という組み合わせにより、研修終了後も教育の成果が持続するのです。

 

※3段階式社員教育システムは、6ヵ月間管理者能力養成研修(管理者教育プログラム)、6ヵ月間ビジネス基礎研修(一般社員教育プログラム)、3ヵ月間女子社員変身研修(女子社員教育プログラム)、6ヵ月間統率力養成研修(リーダーシップ養成プログラム)に共通する社員研修方式です。18ヵ月間経営者養成研修は、9回の1泊2日合宿研修とその間の課題学習という形式となります。

 

アイウィルの教育研修ラインナップ